« "Vehicle exhaust emission and blue sky" | Main | I will up-load four photographs of the remainder in five hours. »

Thursday, February 15, 2007

I hold the one-man show.

.............................................Today's shot..........1/2
2007.
Until March 20th - March 25th.
I hold the one-man show.

As for my exhibition, it is as follows.

1
My work must touch by your hand.
In touching, the image is sure to swell.

I saw various exhibitions.
However, it was always disappointed because it did not touch.
Therefore, it is possible to feel after my work.

2
I prepared about 500 photographs on that day.
The most is a size of the postcard.
However, a lot of the sizes are also in the photograph that has
overflowed.

It is not one amount a piece that can be directed though is
regrettable.
About 480 pieces were able to be prepared for the time being.
About 24 sizes of A3 were prepared.


3
I took about 2800 photographs in Italy.
Harajuku. Exhibition of design festival.
Exhibition of Tokyo Big sight.

And, it exhibits this time.
It overlaps not coming in succession though it made an effort as much
as possible.
The photograph that I liked overlaps.
And, it is a photograph announced with flog.
The photograph that the one-man show before did not up-load to flog
must have been abundant.


4
This one-man show has already started.
I prepared a lot of postcards in the Kawamura commemoration museum.
However, it is a situation in which the most has disappeared now.
Thank you.
:)

The taken photograph was used at the station in Venice ..(hiyaase)..
this time though my photograph was used always.

The hall starts from the one photograph, too.

Some different versions were prepared in this postcard.
And, the all had disappeared.
Thank you.

Postcard of length putting. Postcard of horizontal putting.
The one that mischief brat was given to the card with argent felt-tipped
marker. I put these three kinds.
《 the complimentary ticket 》 is recorded in the distributed postcard
small now. The museum was instructed.

4.5
Saturday. Sunday. It is the main.
On the weekday, it doesn't become an exhibition that I intended.
Saturday. I hope for Sunday.

4.6
That day.
The leaflet is distributed in the hall.
Photograph used to exhibit this time. Several pieces.
It printed by the monochrome.
I do not believe Tairo of the color printer marketed now.
Therefore, it is a laser printer.
However, I finished it up wonderfully.
The number of copies is limited.
I do not issue it twice though I have distributed a current hall.

5
My exhibition is not photograph exhibition.
It is a collage that uses the photograph.

A current work was a considerably greasy work.
Nis. Oil painting.
I am not using this this time.
The oil painting might be used.

This time, the pastel was used.
The colors are not two colors.
This time, the pastels other than white and the black are used.

My photograph ..tracing paper.. was burnt.
It is very huge.
A0.
It is the main.
And, the work is all over the floor presented.

Size of this hall.
It is the situation to date and the widest space.
Therefore, I decided it to the enjoyment.
:)

Please come to play if you have time.
:)

I am sleeping on the bench at the entrance.
:)
Please cause it.
:)


Postscript. This is a text for the translation.
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________

Kawamura commemoration museum. Text for distribution.


Momentarily of fading away.
.............................................Today's shot..........2/2


It is Reiji's Matsumoto famous work, and there is Milky Way railway 99
9.
It is animation seen with absorbed interest when I was a school child.


Boy that mother was killed. It goes out to travel as Matel that is the woman senior to one in years faces the andromeda nebula while being supported him for an eternal life.
It is such a setting.

From the earth to the andromeda.

At that time, the commutation ticket made hero's hand was put on the market by the replica. For me, it was a very important treasure.
It hangs it without forgetting it. It was possible to escape from this earth that breathed and had been rebuked only by it.

Years of ten years or more pass from that, and I have grown up
completely.
Neither the car nor the train flit in the blue sky. The robot is not
ruling.

However, the symptom will actually become it soon.

The person buries the developing medical equipment even under the wick of the body. And, an eternal life is obtained.
The robot might make feelings dew sooner or later. By chance, it is likely to raise a revolt cinematic.


Be the eternity will honorable and beautiful?
Pain in lower body. Number of wrinkles. Keep constantly correcting them. Are it too honorable to do so, and to cling to beauty?
I had this on the corner of the head for a long time for several months until the image of this work was hardened.

The uneasiness to aging is not only a face. It reaches even the
memory.
Wrinkle deeply carved. Memory of weakening gradually, and growing dim.


Everyone is young, and it is fresh indefinitely.
What does the person want next if it is obtained?

The age is alive according to digital.
All media are replaced with 0 and 1. And, eternal beauty has already been obtained.
It is left without fading away indefinitely.

However, the photograph when it is fading away young.
Isn't it beautiful?
Photograph of family dyed to sepia.
Nostalgia to the past when it passed away. It is not excessively
sentimental.
The reason for the person is that , now can be got over by being
supported by a past memory.


Audrey Hepburn of Breakfast at Tiffany's.
A lot of world records left for the Olympics.
Word that great writer all over the world strained.
Painting that tears up own body and was drawn.

These are only moments in a long history of which it fades away.

However, it was eternal for me at those moments.
The person obtains eternal youth sooner or later. However, it is not possible never to
shine through all eternity momentarily.

Hero who arrives at Milky Way railway 999, and arrived at andromeda nebula. He witnesses the civilization of the machine, and refuses an eternal life.

He not only refuses but also destroys everything.
Man by returned to the earth. He gets to nearby for a long time from Matel of the
woman who is reporting the goodbye.
Only the moment was eternal ..him...
I think so.

February 11, 2007
Mitsushiro Nakagawa.

Postscript.
I am writing this while getting drunk the cough and a slight fever now.
:)

Tune of image of one-man show.
EBTG Temperamental (Live)
http://www.youtube.com/watch?v=-hrZPNwZWIo


Kawamura memorial museum of art.
http://www.dic.co.jp/eng/museum/index.html
_________________________________
Japanese is the following.
http://steal-a.way-nifty.com/
_________________________________
I am making the work now.
It is possible to hardly answer.
I'm sorry.


川村記念美術館。配布用テキスト。

色褪せた一瞬の中に。

松本零士さんの有名な作品で、銀河鉄道999というものがある。
僕が小学生だった頃、夢中になって見た漫画のひとつだ。

母親を殺された少年が、永遠の命を求めて、年上の女性、メーテルに支えられながら、アンドロメダ星雲の果てに向って旅に出る。
そんな設定だ。

地球→アンドロメダ。

主人公の手にしている定期券が、当時、レプリカで発売されていて、僕には、それがとても大切な宝物だった。
それを胸にぶら下げているだけで、この息詰った地球から逃れられるような気がしてならなかった。

あれから十年以上経ち、2007年になった今、ぼくはすっかり大人になった。
車や電車が青空を飛び交うこともなければ、ロボットが支配していることもない。

しかし、その兆しは、もうすぐ現実になるだろうなって思う。

人は、発達した医療器具を体の芯にまで埋め込み、そして永遠の命を手にする。
 ロボットはそのうち感情をあらわにし、ひょっとしたら、映画のように反乱を起こすかもしれない。


永遠は、それほど尊く、美しいものなのだろうか?
足腰の痛みや皺の数を絶え間なく矯正し続けることで、美にしがみつくことがそれほど尊いのだろうか?
ぼくは、今回の作品のイメージを固めるまでの数ヶ月間、このことがずっと頭の片隅でくすぶっていた。

老いてゆくことへの不安は、外見だけでなく、記憶力にまで及んでくる。
深く刻まれた皺。しだいに薄れ、ぼやけてゆく記憶。

誰もが若く、いつまでも瑞々しい。
もしも、それを手にしたら、人は、次に何を欲しがるのだろう。

時代は、デジタルに倣って生きている。
あらゆる媒体は、0と1に置き換えられ、永遠の美しさをすでに手にしている。
それはいつまでも色褪せずに、残されてゆく。

しかし、色褪せた幼い頃の写真は、美しくはないのだろうか?
セピアに染まった家族の写真。
過ぎ去った過去への郷愁は、過剰なセンチメンタルなんかじゃない。
人は、過去の記憶に支えられてこそ、今を乗り越えることができるからだ。


ティファニーで朝食を、のオードリーヘップバーン。
オリンピックに残された数々の世界記録。
世界中の文豪が振り絞った言葉。
自らの身を引き裂いて描かれた絵画。

これらは、長い歴史の中では色褪せた一瞬に過ぎない。

しかし、それらの一瞬は、ぼくにとっては、永遠だった。
人は、いずれ永遠の若さを手にするけれども、一瞬の輝きを永遠にすることは決して出来ない。

銀河鉄道999に乗り込み、アンドロメダ星雲へ到着した主人公は、機械の文明を目の当たりにし、永遠の命を拒否する。

拒否するだけでなく、彼はすべてを破壊する。
地球へ戻った彼は、ずっとそばにいたメーテルから、さよならを告げられる。
その一瞬こそが、彼にとっての永遠だったのだと、ぼくは思う。

 2007年2月11日 
Mitsushiro Nakagawa.

追伸。
僕は今、咳と微熱に酔いながら、これを書いています。
:)


追伸2。
今回は、MrVuAと池田さんには、お願いしませんでした。
理由は、ふたつあります。
1 誰もが忙しい。(お二人とも、ほんとに忙しい方です)
2 きわめてシンプルにしたかった。

また郵送でお送りします!!
:):):)


:::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::

2007年。
3月20日から3月25日まで。
僕は、個展を開催します。

以下は、僕の展示についてです。


僕の作品は、あなたの手で触れてください。

触ることで、イメージが膨らむはずです。

僕は、様々な展示を見ました。
しかし、触れなくて、いつもがっかりしていました。

だから、僕の作品は、触ることが出来ます。


当日、僕は約500枚の写真を用意しました。

そのほとんどは、ポストカードサイズです。
でも、そのサイズをはみ出している写真も多いです。
残念ですが、とても1枚1枚指示できる量ではありません。
とりあえず、約480枚を用意できました。

A3のサイズも、24枚ほど用意しました。



僕は、イタリアで約2800枚の写真を撮影しました。
原宿。デザインフェスタの展示。
東京ビッグサイトの展示。

そして、今回の展示。
出来る限り、重ならない努力はしましたが、重複しています。
僕が気に入った写真は、重複しています。
そして、flogで発表した写真です。
以前の個展の方が、flogにアップロードしていない写真が多かったはずです。

イタリアの写真は、やっと四分の2ぐらいまでに来ました。
とてもすべてを発表できる量ではありません。


今回の個展は、既に始まっています。
僕は川村記念美術館にたくさんのポストカードを用意しました。
しかし、そのほとんどが現在、無くなっている状況です。
ほんとにびっくり!!
そして、
ありがとうございます。
:)

いつもなら、自分の写真を使うのですが(hiyaase)、
今回は、ヴェニスの駅で撮影した写真を使いました。

その1枚の写真から、会場も始まります。

このポストカードには、いくつかの異なるヴァージョンを用意しました。
そして、その全てが、無くなっていました。
ありがとうございます。

縦置きのポストカード。横置きのポストカード。
そのカードに銀色のマジックで、いたずらがきを施したもの。
この三種類を僕は置きました。
現在、配布しているポストカードには、《ご優待券》を小さく記してあります。
美術館の指示がありました。

4.5
土曜日。日曜日。それがメインです。
平日は、僕の意図した展示にはなりません。
土曜日。日曜日を僕は希望します。

4.6
当日。
会場で、リーフレットを配布します。
今回の展示に使った写真。数枚。
モノクロームで印刷しました。
僕は現在の市販されているカラープリンタの発色を信じていません。
ですから、レーザープリンターです。
しかし、僕は素敵に仕上げました。
部数は限られています。
僕はこれまでの会場でも配布してきましたが、二度は発行しません。



僕の展示は、写真展ではありません。
写真を使ったコラージュです。

これまでの作品は、かなり脂っこい作品でした。
ニス。油絵。
僕はこれを今回は使っていません。
油絵は使うかもしれません。

今回は、パステルを使いました。(チョーク)
色も二色ではありません。
今回は、白と黒以外のパステルも使っています。

僕の写真は、トレーシングペーパーに焼きました。
とても巨大です。
A0.
それを10枚ぐらい焼いたかなぁ....それとA1です。A1は、20枚以上焼きました。
それらがメインです。

そして、床一面にも作品を提示します。

今回の会場の大きさ。

それは、これまでで最も広いスペースです。

ですから、僕は楽しむことに決めました。
:)

もしも、あなたにお時間があれば、遊びに来てください。
:)

ぼくは、入り口のベンチで寝ています。
:)
起こしてください。
:)


追伸。これは、翻訳用のテキストです。

僕は、今、作品を作っています。
ほとんどお返事はできません。
ごめんなさい。

川村記念美術館
http://www.dic.co.jp/eng/museum/index.html

個展のイメージの曲。
EBTG Temperamental (Live)
http://www.youtube.com/watch?v=-hrZPNwZWIo

|

« "Vehicle exhaust emission and blue sky" | Main | I will up-load four photographs of the remainder in five hours. »